緊急避妊と事後避妊法。ドオルトン、プラノバールなどのホルモン剤、産婦人科での処方について

緊急避妊ってどんな方法?

緊急避妊という避妊方法をご存じでしょうか。緊急避妊というのは、いわゆる事後避妊法で、避妊をしなかった場合などに、妊娠を防止するために緊急避妊ピルというホルモン剤を服用します。ただし体調が良くない場合はリング着用の場合もありますが、いずれにせよ生理が遅れたりといった副作用が発生する場合があります


緊急避妊ピルやリングは産婦人科で処方してもらうことができます。生理不順のほか、ピルを服用した場合は吐き気がある場合もありますが、胃が空っぽの状態でなければ吐き気も軽減されるそうです。そのため、処方前には丁寧な検査が必要です。


緊急避妊の方法は通常処方される薬の服用方法とは異なり、性行為後72時間以内に一回、そしてその12時間後に再び服用します。この方法により、妊娠の確率は数パーセント台にまで減らすことができます。値段も手ごろで、一部の都道府県では、犯罪被害者へ緊急避妊ピルの費用を負担している自治体もあるそうです。

緊急避妊の費用は?

緊急避妊、いわゆる事後避妊法に用いられるピルですが、どれほどの費用がかかるのでしょうか。緊急避妊は、どんな人にとっても、決して他人事ではないものです。緊急避妊ピルは、犯罪にまきこまれた被害者が服用することがあると思いますが、費用が高くて服用したくても服用できない、なんて大変ですよね。


緊急避妊の値段は産婦人科や、住んでいる場所によって、あるいはピルを服用するか、リングを装着するかによって異なりますが、平均するとだいたい5,000円から10,000円ほど。緊急避妊ピルといっても、ドオルトン、プラノバールなどといった一種のホルモン剤のようなものですから、それほど高くはならないのでしょうね。


東京、大阪など、主要都市ではなく、現在は日本国内の産婦人科の多くで処方してもらえます。緊急避妊で使われる薬の副作用により、生理が遅れたりするそうですし、無料というわけではないので、服用が必要であるにも関わらず躊躇してしまうかもしれませんが、各自治体が患者さんに緊急避妊について理解してもらえるよう、協力して頂きたいものです。その結果、望まれない出産が少しでも減ることを祈っています。

ドオルトンとプラノバール

緊急避妊ピルとして利用されるドオルトンとプラノバールは、緊急避妊として服用される薬で、ホルモン剤です。卵胞・黄体ホルモン複合剤を含み、ドオルトンやプラノバールを服用したときの、妊娠回避率は70%から80%と言われています


ドオルトンとプラノバールの入手には医師の処方箋が必要で、産婦人科に行くと購入することができます。緊急避妊ピルの値段は数千円程度とお手ごろ。生理が遅れる、生理不順になるという副作用があったり、吐き気がすることもあるそうですが、評判は良く、多くの人に利用されています。


ドオルトンやプラノバールなど、緊急避妊ピルは副作用が強く、心身が衰弱しているときの服用はあまりお薦めされていません。その場合は、リングを装着することもできます。


このように、緊急避妊ピルの服用など、事後避妊法は体に負担をかけますし、できれば利用したくないもの。それでも必要な場合は、しっかりと医師に相談し、そして利用可能時間内である72時間以内に用法・用量を守り、利用しましょう